【チャート分析】逆張りに!相場の転換を示す毛抜き天井・毛抜き底

毛抜き天井・毛抜き底は、相場の転換点を示すチャートです。

ピンセットの毛抜きの形に似ていることからこのように呼ばれています。

目次

高値(安値)がほとんど同じ値で並んでいる状態

毛抜き天井

毛抜き天井は、2つの並んだローソク足の高値がほぼ同じ水準で止まっている状態です。前日の高値を超えられなかったことを示すので、高値圏で出た場合は相場の転換点となることが多いです。

毛抜き底

毛抜き底は、2つの並んだローソク足の安値がほぼ同じ水準で止まっている状態です。前日の安値を更新しなかったことを示すので、底値圏で出た場合は相場の転換点となることが多いです。

両者ともに実体、ヒゲに関係なく高値・安値を見ます。

毛抜きの後の動きを見ると精度が上がる

どんなチャート分析にも「だまし(意図していたのと逆の動き)」があります。毛抜きチャートも例外ではありません。

確実に見極めるためには毛抜きが出た後の動きを見ると良いです。

毛抜き天井では2本目のローソク足の安値を次のローソク足が下回る、毛抜き底では2本目のローソク足の高値を次のローソク足が上回っていくことを確認できたら反転の可能性が高いです。(下のチャート例参照)

さらに毛抜き天井の場合は上ヒゲ、毛抜き底では下ヒゲが出ていれば確度が上がります。

実際のチャート

グリーの2か月日足チャートです。

高値圏で毛抜き天井が出ており、その後は高値を更新できずそのまま下降トレンドに変わっています。

底値圏では毛抜き底が出ており、その後は安値を上回り上昇トレンドに変わっています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次