スポンサーリンク

きずなHD(7086)がストップ高 含み損益プラス転換

主力株のきずなHDが前日比+23.8%(+400円)のストップ高となりました。

昨日本決算発表があり、増収増益だったこと、今期の営業利益見通しを前期比36.4%増の10億円としたこと、6月度の月次業績で葬儀売り上げが前年同月比17.6%増と好調だったことが好感されたようです。

昨日の関通に続いてのストップ高です。

その関通も前日比+8.69%と連騰しました。

その他の保有株も大きく崩れることは無く、結果、全体含み損益は前日比+237万円となり一気にプラス転換しました。

約1年間いた含み損の沼からようやく陸地に上がれそう、と言った感じです。

なお、きずなHDは週明け以降も上がりそうな予感です。

PER23.8、PBR1.9倍でマザーズ銘柄にしてはかなりの割安です。また時価総額57億円と小さい(成長余地がある)のもプラス材料です。

それから信用買い残は72,400株でこれが将来の売り圧力となりますが、本日の取引終了時の買気配株数が100万株残っており(本日の出来高はわずか6,800株)、しばらく買い圧力の方が強いと考えられます。

コメント